2010年09月29日

曲者ぞろいの"お江戸フードファイト"をお楽しみください! by高橋由太

◆◆◆◆◆
 はじめまして。
 『このミス』大賞作家ブログをスタートすることになりました。

 新刊の発売に合わせて、著者からのメッセージを掲載していく予定です。

 第1回目は、2010年にデビューした、高橋由太さん。

10月7日発売予定
もののけ本所深川事件帖 オサキ鰻大食い合戦へ
の創作裏話です。

 炎天下の日、池袋の椿屋珈琲での打ち合わせ(6時間)が懐かしい。
(『このミス』編集部)
◆◆◆◆◆



 江戸時代にも、フードファイターがいたことを知っていますか?
 
 文化14年、両国柳橋の万八楼で大食の会が催されたそうですが、残っている記録が凄まじい。

例えば、65歳の男性が饅頭30個・うぐいす餅80個・松風(煎餅)30枚・たくあん丸ごと5本をすべて食べたり、73歳の男性が唐辛子をおかずに飯を50杯食べたりと、現在のフードファイターもびっくりの大迫力です。

鰻も盛大に食べています。なんと約150皿(!)の鰻を食べたという記録が残っているんです。

 そんなとんでもない大食い合戦に、食い意地の張った妖孤のオサキとおとぼけ手代の周吉のコンビ、老剣客・柳生蜘蛛ノ介が挑みます。

 さらに、賞金百両を目当てに、巨漢の元相撲取りや美少年水芸師、そして稲荷神社の狐に守られている鰻屋の娘など、江戸の大食い自慢たちがしのぎを削ります。
 
 是非、曲者揃いのお江戸のフードファイトをお楽しみください。

                             高橋由太                          


●著者プロフィール
たかはし・ゆた。1972年、千葉県生まれ。
「新・本格推理」(光文社)掲載を経て、
2010年に第8回『このミステリーがすごい!』大賞
隠し玉として『もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ』
デビュー。
"オサキシリーズ"最新刊
もものけ本所深川事件帖 オサキ鰻大食い合戦へ』が
10月7日発売予定。


※『このミステリーがすごい!』大賞HP



konomys
posted at 20:24